Archive for the 自然農を楽しむ Category

ホウキモロコシの卓上箒。

ホウキモロコシの卓上箒。

夏から秋にかけて収穫した、ホウキモロコシ。 伝統地場産業の「松本箒」の材料としては、まだ手が届きませんでした。問題は柄の部分が短いこと。来年はどうやって柄の部分を伸ばして、規格通りに栽培できるかです。 今年は、他の作物も […]

ホウキモロコシの種取り

ホウキモロコシの種取り

秋に入り、大型台風が来るというので収穫したホウキモロコシの種。 穂から種をどうやって取るか・・・ 農家だと脱穀機が有りますが、我が家には何もない。 色々と考えて昔の「千歯扱き」+「愛犬の毛漉きブラシ」で、角材に細かく釘を […]

ホウキモロコシの種

ホウキモロコシの種

今年、ホウキモロコシ栽培にチャレンジしました。 目的は、出来たら「松本箒」に使える材料を供給できたら・・・と言うこと。 まったく初めてなのと、松本箒のホウキモロコシの畑とは標高や土などで、だいぶ条件が異なること。 そして […]

畑 耕耘そして竹の粉散布 竹の粉栽培日記7

畑 耕耘そして竹の粉散布 竹の粉栽培日記7

平成29年3月31日 朝から曇り空で畑の作業するにはちょうど良い天気。但し天気予報では夕方から雪。 ご近所の方の好意でトラクターを借りて、朝から耕耘開始。耕耘前の写真を撮り忘れましたが、昨年植えたサツマイモのために巾のあ […]

竹の粉 製造見学

竹の粉 製造見学

竹の粉をつくるところを見たいとお願いして、見学してきました。 安曇野市明科の里山、広い面積に竹が生い茂っています。持ち主の方が手に負えなくなり、竹を切ってくれないかという依頼で伐採しながら「竹の粉」をつくっているようです […]

竹の粉栽培日記6 発酵がそろそろ それで実験 

竹の粉栽培日記6 発酵がそろそろ それで実験 

3月もお彼岸を過ぎて、少しは暖かくなりました。それでも朝晩は寒いです。 竹の粉は良く日の当たるガレージの中で、静かに発酵しています。発酵の状態がよく分からないので、株式会社「竹の粉」の山崎社長に見て頂きました。結果はもう […]

苧麻(カラムシ)の勉強会。

苧麻(カラムシ)の勉強会。

長野県は古代には「科野の国」と呼ばれていました。奈良時代に既に「科野」という文字が使われ、その後「信濃」に名前が変りました。 その「信濃国」に律令制に伴い幾つかの郡が置かれましたが、その筆頭に「麻績郡」が出てきます。その […]

竹の粉 栽培日記5

竹の粉 栽培日記5

まだ春あさい筑北村乱橋です。 竹の粉は少しずつ発酵していますが、気温が低いので進みません。 色々と考えて出した結論は、 1)コンクリートの床が冷えすぎて竹の粉を下から冷やしている。 2)乳酸菌が増殖するときに日光を当てる […]

竹の粉 栽培日記 4

竹の粉 栽培日記 4

2月下旬になっても、筑北村はまだ雪が降ります。 もちろん明け方はマイナスの気温で、水道の凍結を防ぐ凍結防止ヒーターの電源は入れっぱなしの日々です。 先日ガレージに運び込んだ竹の粉は、ガレージが春の日射しを1日浴びて少しは […]

「竹の粉」の料金表です。

竹の粉の商品、「畑すくすく」などの料金表を頂きましたので、御紹介いたします。 価格表 農業などで大量に使いたい方は、写真の袋のように生の竹の粉を購入し、納屋やガレージ又はビニールハウスで袋に入れたまま発酵させて、発酵が終 […]