久しぶりの「原始機」体験

6月1日に、兵庫県中学生の「ホームステイ」を受け入れしました。我が家は6名、全員男子です。

学校では各ホームステイ先の体験メニューを生徒に教えていましたので、6人のうち2人が機織りに興味を持っていました。

当日は裏の畑で農業体験と考えていたのですが、前日5月31日の豪雨で畑がぬかるみ、男子生徒ですが原始機の体験を屋内でしてもらうことに。

午前中は到着後村の中を歩こうと言うことで、集落内の散歩。都会の湖にはなかなか縁の無い景色を見ながら歩いてもらいました。

帰宅後早めのお昼を食べてもらい、すぐ2階で原始機の体験。

男子が「機織り」をするかという不安も、すぐに解消。興味を持っていた2人は手順を教えるとすぐに初めて横糸の色も積極的に変えてデザインある織物に作り上げていました。残り4人も慣れない中黙々と機織り。横糸は草木染めの糸と、「裂き織」用に裂いてあった細長い布。ある意味贅沢な材料です。

原始機体験1

原始機織り体験2

バスが迎えに来るぎりぎりまで機織りと縦糸の処理をして、喜んで帰って行きました。

6年ぶりぐらいの原始機体験。体験そのものは結構楽しかったのですが、その準備が・・・

6年前とは異なりママさんも目が老化して縦糸の仕込みが大変でした。

次回できるか・・・少々心配


カテゴリー: 里山を楽しむ