畑 耕耘そして竹の粉散布 竹の粉栽培日記7

平成29年3月31日

朝から曇り空で畑の作業するにはちょうど良い天気。但し天気予報では夕方から雪。

ご近所の方の好意でトラクターを借りて、朝から耕耘開始。耕耘前の写真を撮り忘れましたが、昨年植えたサツマイモのために巾のある高畝、まずはこれを均すことに。最初は初めてのトラクターなので畝を壊せるか心配+びびりながら作業開始。

意外と高畝でもあっさりと均すことが出来ました。

耕耘中の写真

トラクターで耕耘1

湿り気を帯びた空気の中、黙々とトラクターを使って畑を均します。

昼前には畑全体の均しが終わり。

早めのお昼を食べて、夫婦で「竹の粉」を散布。50㎏分を散布して・・・

竹の粉散布

写真の薄緑に見えるのが「竹の粉」です。

散布が終わり、小雪にせかされるようにトラクターで土の中に竹の粉をすき込みます。

この後も写真を忘れる状態で・・・トラクターの洗車をして作業が終わりました。

寒さも雪も今回で終わりそうで、これから春の気温に包まれて竹の粉の乳酸菌が活発に働いて土壌を粘土質から良くしてくれるでしょう。1年だけでは効果は少ないと伺っていますが、冬の間のプランターの土が粘土質からさらさらに変ったのを見ていますから。このまま一ヶ月畑を寝かしてゴールデンウィーク頃には良い畑に生まれ変わるでしょう。 と、期待。

約一反の畑の外周には、鹿も食べないほど不味い葉っぱと言われた「ホウキモロコシ」の種を鹿よけで2列か3列で囲います。その中に、ジャガイモ・サツマイモ・カボチャ・朝鮮カボチャそれと枝豆や南京豆を作ってみようと計画しています。

南を見ると、写真は撮りませんが「山菜畑」予定地がススキの株を刈り取ったのですっきりした眺めになりました。