資料 虚空蔵山MAP・唐鳥屋城址氏縄張り図・虚空蔵城趾縄張り図

四賀化石館の館長市川氏から頂いた地図です。

虚空蔵山登山図は、虚空蔵山登山の参考に。

唐鳥屋城(乱橋城)址縄張り図は、市川氏が実際に調べた成果で唐鳥屋城が通説の坂北の青柳氏城構えでは無く、城の縄張りが北つまり青柳氏への備えとしていること、そして背後の四賀会田には備えが無いことから、会田氏の城だという証拠とのことです。そして戦国時代乱橋は青柳氏の支配下では無く、中の峠を境に会田氏の所領だと言うことだそうです。

事実、乱橋に会田から移った家系があるし、会田にある広田寺や無量寺を檀家寺にしている家系が多いのも、乱橋と四賀会田との結びつきが強い傍証になります。

そして虚空蔵山城趾縄張り図、これも市川氏の実測です。虚空蔵の山頂一帯が縄張りされていて、一カ所鷹鳥屋城に向けての尾根上に縄張りがあるのが面白いです。

花川原峠から登ると、城址を山頂に向けて登る形になります。戦国時代のロマンが生まれます。

虚空蔵山登山マップ

虚空蔵山登山マップ

唐鳥屋城址(乱橋城)縄張り図

唐鳥屋城址縄張り図

虚空蔵山城趾縄張り図

虚空蔵城趾縄張り図

素晴らしい地図を頂きました。是非活用させて頂きます。

また、私たちが住んでいる家が昔化石館館長市川氏のお父さんが建てられた家だという、不思議な縁に身が震えました。