竹の粉 商品の「畑すくすく」のパンフです。

自然発酵肥料「竹の粉」の商品名「畑すくすく」のパンフレットを紹介いたします。

何故、「竹の粉」に思いを入れるかは、後に書きます。

まずは表紙から

「畑すくすく」表し

1ページと2ページ

畑すくすく1ページ2ページ

3ページと4ページ

畑すくすく3ページ4ページ

5ページ6ページ

畑すくすく5ページ6ページ

裏表紙

畑すくすく裏表紙

※この地で里カフェを始めて、畑なども使えるようになりました。それに対して、畑仕事はまるで素人。  素人でも出来る野菜作りをしていきたい。

また、元のペンション時代の繋がりで子供キャンプの受け入れもすることになり、都会からの子供達に農業の体験もさせてやりたい。また前からの常連の方にも土に触れてもらいたい。

そのことは、子供が触れる作物は農薬などを使わないものを提供したいし、野菜という物が本来自然な物なので、化成肥料や農薬などの自然にあり得ない状況では無く、形は悪くとも自然に育ったものを食べてもらいたいという気持ちがありました。

そうなると「自然農法」に行き着くわけですが、畑の土が長年の「慣行農法」で化成肥料や大量の肥料そして野菜の成長に合わせて撒かれる農薬で疲弊していて、水を通さなく乾けば硬い石のようになる粘土に変っていました。元の土質が粘土質と言うこともあります。

それで初めの年は作物の根が育たないし、雨の多い年で水がたまり、作物も出来ない状態でした。

本当に頭を抱えました。(しかし出来たものは美味しかった)

そこに「竹の粉」に巡り会い、理論的に考えても竹という自然素材と竹の表面に付いた乳酸菌だけで発酵させた「竹の粉」という肥料、正確には登録上は「竹堆肥」で土壌改良材としても全くの自然素材を知り、それで畑をより自然豊かな質の良い土に生まれ変わらせ、その土で育った作物を子供達に食べさせたい。

その思いから「竹の粉」を応援し助け合いをしていきたいと思い、(株)竹の粉さんと互助関係でやっていきます。

春になれば、畑の方の作付け計画もまとめますので、土いじりをかねて是非体験をしにお出でください。

「竹の粉」ホームページもご覧ください。